リンク秘寶舘
Web Publishing
AZUSA
     一讀必笑。笑門來福。
  クセになるサイトたち。
特薦リンクへ
リンク文殊舘へ


一発芸を楽しむ気軽さに、ついつい入りびたってしまう困ったサイト。ムービー、アニメーション、ゲームの小品がずらり。ある作品はインタラクティブに、ある作品はエンドレスに楽しめます。創作に煮詰まった頭をもみほぐすのに最適です。もちろん、無料のスマホゲームも充実。 


あえて分類すれば日記系サイトなので、こちらのページでご紹介。とはいえ、これは純然たるエッセイです。それも上質な文章芸。間違った前提から論を進め、話を転がしてゆく技の冴えには惚れ惚れします。強引な展開を厚く包む、やさしい文章にも注目。更新はゆっくりめですが、バックナンバーは膨大。のんびりと付き合っていきたいサイトです。運営者は綾倉聡さん。


管理人はきだてたくさん。「使えない」「使えるけど何かヘン」「いきなり見た目からバカ」という前提から蒐集をスタートしたきだてさんは、テストレポート・分析・分類に物足りなさを感じたのか、それとも当初から織り込みずみだったのか、コレクターが越えてはいけない“改造”というダークサイドにダイブしてしまいました。百聞は一見に如かず。とにかくGO!


「読書ツール」のページでご紹介したテキストリーダー「QTView」の作者、新井健二さんのサイト。テキスト形式のクリップボード履歴取得ソフト、文字列検索ツール(GREP)など、一度使ったら手放せないソフトが満載。そのなかでも、“物書き御用達ソフト”との呼び声高い「テキストエディタQX」は使い勝手抜群です。縦書きで日本語を書く快感と意義を、ぜひ実感してください。


北岡明佳の
錯視のページ
立命館大学文学部心理学科助教授・北岡明佳さんの錯視作品がずらり。錯視デザインの理論から作り方まで、その広さと深さに呆然。脳が動画をいきなり創り出す際の何とも言えないむずむず感は、ランダムドットステレオグラム(懐かしい!)よりも強烈。どう見ても動く静止画、曲がる直線など、ミスディレクションを考えるときのヒントになるかも。


Web Publishing AZUSA (C)2003-2018 All rights reserved.